沖縄、奄美大島に写真撮らせたらタダで行ける企画、美女ロケ

新しい動きだ。

 

http://www.bijyoloke.info/

 

 

 

撮影会に向けての展開が見えるが、現状はまだNO DATA。

正直少し不安しか残らない。

 

 

 

ただ媒体のように見えて、まだ実態は見えてこない。

美女暦に関しても知名度は得られたものの、ただ、それでどうなったか。という疑問には明快な答えは得られないし、単に媒体っぽく装えば、女性モデルを無償で集め・供給できるというスタイルは個人的に好きじゃない。

 

よくも知らない間柄の人間と、南国まで一緒に向かうものだろうか。

いざという時、助けは来ないが大丈夫なのか。

 

サイト側にもそのようなことはない!というのであれば、もっとフォローが必要だと思われる。

あまりにも利己的なつくりであり、欲を利用して人心を揺さぶるその姿勢にはあまりプロフェッショナル性を見出すことはできない。

 

少々厳しい見方ではあるが、このような通常であれば許されない行為が何ら問題のないようなイメージで打ち出されていること、これらが常態化していることが異常なのだ。

 

 

女性たちは私などが思う以上に、危機管理というものをきちんとしていると思われるが、果たして。

 

 

追記、

サイトのフッターに「Proudly LLG」とある。つまりロケーションガールズ運営のサイトというのだろう。

ただ一般的に見ても撮影会事情を知らない人間も目にするわけだ。たとえば女性の両親や知人たち。どういう組織が何を目的に行っているのか、連絡先など細かな情報など、ケアが不足していることには変わりない。

 

 

 

撮影会ビジネスは続かない、旨味のない労役なのだ

失礼、以下は先に紹介した美女ロケ(http://www.bijyoloke.info/)とは関係のない話となるため、混同せぬようご注意願いたい。

 

 

無償で人を集めて、労役を課す。それは仮に夢を餌にしたにせよ、嘘はなく真実であったとしても、やはり大人としてその行動は、、

フェアではない。

 

 

 

趣味人の面汚し

撮影会ファンの中には金銭に困らない人間もいるだろう。わりと多めに。

そして金銭に困った人間もいるだろう。どうにか撮影会費用を捻出すべきか翻弄した結果、モデルをもとに商売を行うといった、そんな人間もちらほら散見できる時代となったが良い噂は聞かない。

 

 

趣味人としては写真のみに没頭できるからこそ良いわけであって、そこで金と色に目がくらむ、いわゆる「汚れ」にはなりたくない。

 

 

 

 

事件に向かっていく可能性が高い現在

こういった動き、出会い系と見間違えるような動きは、近々何かしらの大きな問題となって跳ね返る。

その場合、我々は撮影会を失う。

 

 

そのときに後悔しても遅いのだ。

 

遅いのだ、警鐘はした。

危険な状態なのだ。

 

 

悪意ある人間が、この現在の撮影会の流れを利用すれば簡単に・・

 

 

カメラマン全体でいまのこの環境を守る必要がある。我らに自浄作用があるかどうか、試されている気がする。

 

まずは仲間内からはじめて欲しい。

 

 

警鐘はした。危険な状態なのだ。

 

 

 

 

青春 カメコ

中年男性を応援しつつ、自身も懸命に写真を重ねるもその拙さに枕をぬらす毎日を送る。健康に楽しく撮影できていることが何よりの宝。