アマレッティのサイトのデザインがあんまりな件

どうしたというのだ、秋元るい社長。

マシュマロ撮影会の大事なスタジオ、そのデザインがあまりにも・・・・なのだ。

 

 

仕上がりからしてデザイン業者の作ではなく、おそらく常連一味の誰かの甘言に秋元るいが乗った形だろうか。

いかに安く仕上がったとしても大事なのはその出来栄えである。

私は一見してこのサイトを見たときに、きちんとしたスタジオとしての印象はなかった。

そもそも、マシュマロ撮影会としてこのスタジオアマレッティというものが損切り対象であって・・といった経緯があるのであれば仕方もないことだが、それにしても印象商売ということを再認識していただきたい。

何もこのサイトだけの話ではない。

 

このサイトの仕上がりを許可したということが問題であって、イメージ戦略の何たるか以前の話なのだ。

Camellia撮影会という目の上のたんこぶであったであろう存在がなくなることが決定し、より一層盤石な展開にするためにはイメージ戦略が重要な段階に差し掛かっているのだ。

写真もまずい、デザインも、、とあっては大問題なのである。秋元るいが参画する合同大撮にはプロカメラマンも存在している。デザインのつながりもあるだろう。

それを利用せず、こういった結果に陥るのは非常にもったいない。

 

 

ぜひ改善を期待したい。

ロゴを一新したことは評価できるゆえの手落ちである。

 

スタジオ・アマレッティ
https://www.raysispstudio.com/about

青春 カメコ

中年男性を応援しつつ、自身も懸命に写真を重ねるもその拙さに枕をぬらす毎日を送る。健康に楽しく撮影できていることが何よりの宝。