写真展は個展でやるか、おとなしくするかにして貰いたい

写真展は文化祭ではないしモデルを釣る餌でもない。

在廊など全くもって無駄で下品極まりない習慣を踏襲するのは辞めて(おそらくここがメインディッシュ)少しでも刺激的な写真を飾ることに邁進していただきたい。

ギャラリーを借りるための費用負担はつらかろうが、個展だとレベルがまったく違うことになるぞ。キャリアをつみたいと考えている場合ならなおさら、寄り合いに精を出すよりも個人でしがらみなどない状態で突き進まない限り将来はないと思ったほうが良いだろう。

 

 

ともかくSNSで得たつながりに没頭したくなる気持ちは人情としては理解できても写真家としての営業戦略としては全くの間違いである。少し語気を強めるとするならば、群れることなく孤高の存在で有り続けるその精神力こそが良い写真を生み出すのだ。

青春 カメコ

中年男性を応援しつつ、自身も懸命に写真を重ねるもその拙さに枕をぬらす毎日を送る。健康に楽しく撮影できていることが何よりの宝。